recruit


採用情報


 

 

採用情報をご覧の方へ

 

こちらのページは、ティグレの仕事と採用情報のご案内になります。

「仕事内容は?」、「どんな人と働く?」、「詳しい採用情報は?」、そんな疑問にお答えするために制作しました。

 

私たちの仕事は、革をつくり、それで製品をつくり、ものづくりの想いを乗せて、お客さまにお届けします。

お仕事をお探しの方には、是非読んで頂きたい内容になります。

長いページになりますが、最後までどうかお付き合いください。

 

 

私たちの仕事


 

 

私たちは、ものづくりを通して、多くの方に革の魅力を伝えてゆきたいと考えています。

革の、「もの」、「こと」、そして「ひと」とのつながりをデザインします。

革素材としての魅力や、その素材で作ったプロダクトとしての魅力、その活動を通して人とのつながりを大切にします。

 

私たちの取り組みに、共感頂き、一緒にお仕事をして頂く方を探しております。

 

 

今回の求人は、当社の「製品事業部」に携わって頂く方を募集します。

 

革製品に関して、多くの業務に取り組むようになります。

企画  –  営業  –  生産管理  –  生産補助  –  販売  –  SNSにてPRなど、

革で、「もの」を作り、「こと」を発信し、「ひと」に魅力をお届けするお仕事です。

 

 

製品事業の仕事


 

 

私は、製品事業部ディレクターの加藤です。

私は、新卒で、皮革事業部に配属され、約6年くらい革作りに取り組み、その後製品事業部の立ち上がりから携わっています。

現在は、事業部全体を統括しています。

 

 

 

 

「革屋が作る、革に魅力のある革製品」を世に出すという、先代の社長の志のもと、レザーブランド「leatheria(レザリア)」を立ち上げました。

私は、バッグメーカーや靴メーカーなどに勤めておりませんでしたので、新規事業がいきなり立ち上がり、新たな業界に右も左もわからず、飛び込みました。

最初は知り合いの革職人(小物やバッグ職人)さんに納得いくまで、通い続け色々と学びながら業務に取り組みました。

1、2年目は全く売上が上がらず、皮革事業と2足のわらじで取り組んでおりました。

 

 

当初のきっかけの「革に魅力のある革製品作り」にずっとこだわったことで、徐々に商品の良さが伝わるようになりました。

革に魅力のある革製品とは、革が主役になるような革製品です。

デザインによっては、革が引き立たず、シンプルすぎるとどこか物足りない。

その丁度良いバランスを追求することを心掛けて取り組んでいます。

 

■製品染め

 

 

はじめは、製品染めの革製品を開発しました。

製品染めとは、製品として形を成してから染め上げる技法です。いわゆる、後染めです。

左が、染める前で、右が染めて完成品です。

バッグになってから、丸々染めているのです。

 

 

製品染めを施すと、革は洗いざらしになり、素材の風合いを最大限に引き出すことができます。

新品の状態で、革が何年も使い込んだような風合いに仕上がります。

 

 

製品染めは、革を染めるのを本業としている私たちにしかできない技法で、革が本来持つ風合いを自然な形で表現できます。

一般的に流通している化粧された革(傷など悪いところを塗り隠した革)とは全く違う風合いです。

革のしわ、傷なども調和がとれ、革が本来もつ自然な表情になります。

これは、他の革製品とは一線を画す表情です。

使うことで、革は色や艶感に深みが増し、ユーザーなりに経年変化を楽しめます。

 

出来栄えの良さからバイヤーからは高く評価され、あのヌメ革のブランドや、あのバッグのショップからの生産のお話しを頂いたこともあります。

この風合いは、革好きの方にはたまらないと思います。

私は、大好きです!!

 

 

■洗える革

 

 

次に、wasahble leather seriesを開発しました。

洗える革のシリーズです。

汚れたら、市販の中性洗剤でお洗濯ができる革になります。

革は豚革のスエードで、洗濯出来るよう特殊に仕立てています。

革は軽く柔いので、「ふくろ」のような作りにすることで、その革の魅力を引き出せると考えました。

軽やかに持てるバッグとしてシンプルにデザインすることを心掛けました。

 

 

左が新品です。使って、洗ってを繰り返すと、右のようにバッグが経年変化します。

洗うと、革は洗いざらしな風合いになり、洗ってもやわらかさはそのまま。

新品のデニムを履きくずすような感じで徐々に色が薄くなる経年変化を楽しめます。

洗えることで、くらしの中に溶け込む革製品になります。

 

 

このwasahble leather seriesで、2015年に「すみだモダン」にブランド認証頂きました。

墨田区より、認証事業者と認めれられ、そこから区との取り組みも増えてきています。

 

 

昨年の12月には、日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に出演し、木下ほうかさんとの記念写真。その他にも他局でのTV出演もあります。

TV局から、ご依頼があれば、PRの一貫として、出演の仕事もあります。

 

 

雑誌の掲載も何度もありますが、直近では、ライフスタイル雑誌「nice things」と、お取り組みをさせて頂きました。

 

 

この雑誌がお好きな方は多いと思います。

きっと今、このページをお読みの中でも、購読されている方がいるんじゃないでしょうか?

雑誌の世界観と商品がとても合っていて、良い取り組みが出来ました。

私は以前より購読しておりましたので、ご依頼の話しがあった時はとても嬉しかったです。

 

百貨店さまやSHOPさまでのイベント販売でも、雑誌と共に商品をご案内していると、ご来店のお客さまの中にも購読されていたり、この記事を読んだ方もいたりと、雑誌掲載だけではわかりにくいですが、その取り組みの先には多くの「ひと」とつながっているのです。

私たちは、ものづくりを通して、「ひと」とのつながりを大切しています。

 

■新ブランド

 

 

 

 

 

 

2018年10月に新ブランド「TOKYO LEATHER FACTORY」を立ち上げます。

今回の募集は、ブランド立ち上がりから携われる仕事になります。

 

 

合同展示会の「インテリライフスタイル」に出展した際のブースです。

 

「TOKYO LEATHER FACTORY」は、革と革製品のブランドになります。素材からブランディングし、プロダクト、販売まで行います。

ティグレのファクトリーブランドになります。

インテリアライフスタイルでは、多くのバイヤーと商談することが出来ました。

 

 

働いている人の声


 

私は、製品事業部の企画・営業の八木です。

この度、次のステージに上がるために、7月でティグレを離れることになりました。

今回の募集は、私の後任の方を探しています。

 

私は、新卒で、ティグレに入社しました。

学生の頃は美術を専攻して、油絵を描いていました。ものづくりの仕事がしたく、上京してきました。

私がティグレを志望した理由は、ものづくりを一貫して携われることにとても魅力を感じたからです。

革づくり → 製品をつくり → PR → 販売 →お客さまへ。

自分が携わった「もの」が、お客さまの手元に届くまで、ものづくりを一貫して最後まで見届けることができることに共感しました。

ティグレは少人数の会社なので、様々な業務に携われるのも魅力です。

毎日色々な仕事をするので好奇心旺盛な私にとってはとても充実した日々になっています。

大企業になると、業務が部署間のものになり、企業の一部の動きになります。

ティグレでは、自分が携わった「もの」が最後お客さまのところまでお届けする。そして、それがお客さまに喜んで頂いたときには、とても嬉しかったです。

まるで、育てた子が巣立つような気持ちですかね(笑)

 

それは、どこか私のずっと描いてきた油絵と似ていたんです。

絵は、真っ白なキャンバスから、作品に合わせた画材を選んで、自分が主体的に、試行錯誤しながら作成してゆく。

最後に展覧会で、自身で立って、来場者の方に、作品の想いを伝え、そして会話の中で感想を頂戴します。

作品を通して、想いを伝えられたときはとても嬉しかったです。

そこがティグレの仕事に似ていて、共感しました。

 

■はじめの頃

 

 

ティグレに入社してこんな革に種類があるなんて知りませんでした。

見たことのない革素材がいっぱいあります。

はじめは、革を学びながら、ディレクターのアシスタント業務がメインになります。

内でも外でもしばらくはずっと一緒に行動します。

 

■内勤の仕事

 

内勤の業務は、裁断やプロダクトの生産管理、PR活動でSNSやECサイトのアップ、在庫管理、出荷などに携わりました。

 

 

革は、1枚1枚表情が異なります。

動物が1頭1頭、違うように個体差があります。

天然皮革特有の、動物自体ある傷やしわ、色むら、1パーツごとしっかり見て裁断します。

まるで、革と会話しているかのような感じで、向き合います。

 

 

そして、ファスナーなどの部材が揃ったら、協力工場に縫製を依頼します。

 

 

最終仕上げを行い検品をして、出荷します。

 

■はじめての企画

 

 

ティグレは風通しの良い会社で、上司に話し掛けやすい職場になっています。

良く和気あいあいしていますね。

意見があればすぐに言えます。社員の意見を大切にしてくれる会社です。

 

ディレクターには、気付いたこと、思いついたことはすぐに報告するように言われています。

ティグレの革はとても表情が豊かで、種類も多くあります。

これをどうにかして、活かせないか。

コースターならもしかしたらと思い、ディレクターに相談したところ、次の企画会議の議題にしてもらえました。

どんな表現の仕方、仕様で展開ができるか検討し、答えが出るまでディレクターと議論し続けました。

ディレクターによく言われていたのは、議論する時は、上司の意見に同調するのではなく、自分の意見をはっきり伝えるように言われておりました。

そこでは、上下関係抜きで。

いいものづくりするために最大限パフォーマンスを上げようと言われ、私の意見も真剣に聞いてもらえました。

他社と比較して、イベント販売でのノベルティーが不足していたので、先ずはコースターの評価を、店頭でお客様のご意見を頂戴してみようとなりました。

コースターを一任してもらえました。

革のセレクト、裁断方法自分で考えて、お客さまに喜んでもらえることを考えてつくりました。

 

 

 

抜き型を制作し、革の表情の活きているものをセレクトすることを重視して裁断しました。

 

 

イベント販売では、お買い上げのお客さまに大変ご好評でした。商品ラインナップに入れて欲しいというありがたいお言葉も頂けました。

 

■SNSコンテンツつくり

 

■leatheriaの毎日

 

ティグレ の革やプロダクトの内容や知識を身につけてからは、Instagramのコンテンツ作りで、ティグレのものづくりの魅力を情報発進するようにしました。

 

 

使用する画像は、構図を考えながら、自分たちで撮影しています。

 

 

自分たちがモデルになって、より自然体の構図を目指し、インスタ映えを強化しました(笑)

SNSを通して、多くの方に「もの」の良さとそのものづくりの背景「こと」を発信しています。

毎日投稿をしています。

たまに、出先でのランチなども上げたりしながら、親しみやすい内容にも心掛けています。

 

■販売について

 

 

自社のショールームで、イベント販売することがあります。

イベント以外は、アポイント制で対応しています。

 

 

月1、2回くらいのペースで、百貨店さまやショップさまとの取り組みで、1週間くらいの会期のイベント販売や、POP UP SHOPを開催しています。

私たちが出張店頭販売をします。

私は学生時代に、アパレル販売やカフェでのアルバイトをしていたので、接客には少し自信がありましたが、ただ売るだけの接客だけでは、ティグレの商品には通用しませんでした。

メーカーの販売員として、商品知識がしっかりあって、ものづくりの背景を伝えないといけなかったのです。

 

最初は知識が少なく、困ったこともありましたが、ディレクターのフォローで、売り場でレクチャーを受けその場で解決する努力をしました。

親身に教えてもらえたからこそ、実践してゆく中で、ステップアップし、売上もそれとともに伸ばすことができました。

心がけていたことは、丁寧に「私たちのものづくり」を伝え、お客さんと会話を楽しむことでした。

 

最近は、経験と共に、商品知識やものづくりのお話しが、充実してきて、知られていないことをもっと伝えてゆきたい、ティグレがメイン素材にしている豚革のことや墨田の革の産地のこと。

伝えたいことが溢れるくらいになりました。

今では、売ることもちろんですが、ものづくりの価値や良さをもっと伝えたくなりました。

 

他には、自分たちで販売に立つことで、商品の反応などリサーチすることもします。

商品企画や販売方法にフィードバッグします。

 

売場は、イベントごとに変わります。

首都圏もあれば、地方出張で、1週間ほど滞在することもあります。

売り場が飽きることはないです。

その地域ごとに人柄の傾向も違かったりするので楽しいですね。

 

 

広島福屋さんでのPOP UP SHOPです。

 

 

旅をテーマに、出張先でもSNSコンテンツつくりに励みました。

「旅する、洗えるバッグ」、つくりましたね。

 

 

業務内なので、随所でコンテンツになりそうなものを探します。

 

 

出張手当が支給されるので、現地の食べ物も楽しめます。

 

 

ホテルは、あたりもあれば、はずれはないですが古い時もあります。

観光時期などで、予算に合わせた宿になります。

あたりだと、ホテルが川沿いでとてもロケーションが良いときもありました。

 

広島でのエピソードですが、お客様がすごくセンスがあって、色々自由にバッグをアレンジをしてお買物を楽しんで頂きました。おかえりの際にはして、広島のおすすめなお店を教えてもらいました。

その方は、つくり手の販売が好きとおっしゃていました。

つくり手からしっかり話を聞いて、納得して買いたいと。

つくっている証や、取り組みの業務を、良い評価頂き、とても嬉しかったです。

 

出張最終日には、現地視察をし、可能な限り、その地域の良いお店を探します。

 

販売や旅行が好きな方にはとても楽しい仕事かもしれません。

私は、とても楽しんじゃいました(笑)

 

■視察は楽しい

 

外回りは、商談の他にもに展示会や売場の視察も同行します。

 

 

中川政七商店の合同展示会「大日本市」。

 

 

雑貨の展示会、「EXTRA PREVIEW」。

 

その他にも多くの展示会などにも行けたり、最先端なものや未発売のものがたくさん見れるので、雑貨好きの私にとってはとても楽しい仕事です。

ディレクターには、いつも「これ、どのように感じた?」と、私なりの感想や考えを質問されます。

自分の感性に向き合い、ディレクターに答えます。

私が話した後には、ディレクターの考えも聞かされます。

感じ方が同じこともあれば、全く異なることもあります。

今振り返ると、私は、それはセンスを磨くための訓練だったんだと思います。

やはり、ディレクターは研ぎ澄まされている見方があって、デザインには意図や理由があって、そこを紐解いてるところはとても勉強になりました。

何気ないものにも色々とデザインの意図や理由があることを知りました。

ものづくりは様々な要素や人が加わっていて、今まで何気無く見えていたものには意味がありました。

 

■勤務時間やお休み、待遇について

 

・私の場合、残業時間は多い月で、約25時間くらいありました。

・毎週水曜日がノー残業デーがありますので、週の半ばに定時で帰れるのはとても良いですね。

・イベント販売開催期間は、1週間くらい通しで出勤になります。開催期間の前後で振替休日を取るようになります。勤務時間帯は、お店の営業時間によって変化します。

・お休みは、年間120日あるのも良いですね。

・地方出張では、出張手当が出ます。

・欲しいアイテムは、社割が利用できます。

・サンプルのモニターリングもあるので、実際はあまり買わず、モニターで楽しんじゃってます(笑)

・トイレや洗面所が綺麗なのも良いです。

・ティグレの社員は皆やさしい人が多いです。ぶらり旅の記念写真を見てもらうと人柄が滲み出ています(笑)

 

■働いているからこそわかる、この仕事に向いていそうな人

 

・革が好きな人

・素直な人

・真面目な人

・向上心のある人

・やさしい人

・人と話すのが好きな人

・接客が好きな人

・好奇心旺盛な人

・旅行好きな人

・お洒落好きな人

・買い物好きな人

・雑貨好きな人

・何かに向かって頑張れる人

・ものづくりに携わりたい人

・趣味がある人

・自分の考えを話せる人。

・このページに関して共感できる人

 

*ディレクターと一緒に仕事をするので、お互いに気が合うかどうかがとても大切だと思います。私はとても仕事がしやすかったです。

 

最後に


 

ここまで、読んで頂き、ありがとうございます。

 

仕事に取り組む時間は、人生の中で非常に長いものになります。

そんな時にストレスがあったり、我慢したりする時間を過ごすことは、人生においてつまらないものになると思います。

私たちにとっての仕事は、楽しいものであって、会社は毎日行きたくなるところであってほしいです。

 

私たちは、誰かの幸せのために、自分に何ができるかを探します。それは喜びにつながり、やりがいを感じると考えています。

 

きっと人生の中で、良い思い出になる仕事ができると思います。

 

私たちの取り組みに共感頂き、働きたいと思われた方、是非エントリーしてください。

人物重視で、面接審査をしています。

お会いした際に、いろいろとお話ができればと思います。

 

 

募集要項


 

■募集職種

 

(1)総合職

(企画  –  営業  –  生産管理  –  生産補助  –  販売  –  PRなどの全般

 

(2)補助業務

(企画  –  営業  –  生産管理  –  生産補助  –  販売  –  PRなどの補助業務

 

■雇用形態

 

(1)正社員

 

(2)パートタイム、アルバイト

 

■給与

 

(1)正社員

月給185,000円〜300,000円

※固定残業手当20時間分/25,000円〜を含む。

※時間超過分は別途支給。

※賞与あり、昇給年1回(毎年面談後決定)

 

(2)パートタイム、アルバイト

時給950円〜

※昇給年1回(毎年面談後決定)

 

■仕事内容

 

(1)企画  –  営業  –  生産管理  –  生産補助  –  販売  –  PR

・企画   デザインや仕様書作成など。

・営業   卸先様や展示会での対応など。

・生産管理 材料の発注や、工場等の生産や品質管理など。

・生産補助 裁断や縫製の補助業務、皮革事業部繁忙期の生産応援など。

・販売   自社販売やイベント出張販売など。

(将来的にショールームがショップ兼用になる予定、出張販売は地方へ1週間程度の出

張になることもあります。)

・PR    SNSやECのアップ作業。商品のPRに務める。

 

(2)企画  –  営業  –  生産管理  –  生産補助  –  販売  –  SNSにてPRなどの補助業務

・(1)の補助業務になります。面接の際に希望等お聞きして、相談の上決定します。

 

 

■勤務地

 

・本社 東京都墨田区立花4-8-17鈴梅ビル1階

※販売業務期間中は、出張店舗になります。

 

■勤務時間

 

・8:00-17:00(休憩60分)

※販売業務期間中は、店舗営業時間に合わせて変更となります。

 

■待遇

 

・保険(健康保険、雇用保険)

・年金(厚生年金)

・交通費支給(月上限15,000円まで)

・社員割引

・皆勤手当

 

 

■休日休暇

 

・週休2日制

・年間休日120日以上

・夏季・年末年始休暇

・有給休暇

・水曜日はノー残業デー

※販売業務期間中は、休日は振替となります。

 

 

■募集期間

 

・現在募集中

 

 

■採用予定数

 

(1)1名

 

(2)1名

 

 

■選考プロセス

 

① 下記の問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。

② 書類選考

③ 面接

④ 採用(試用期間3か月)

 

※次のステップに進まれる方のみご連絡させて頂きます。

※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。

※選考プロセスは変更になる可能性があります。

※不採用理由についてのお問い合わせはお答え出来ませんので、ご了承ください。

 

■その他

 

・販売経験のあるかた、優遇します。

・縫製できるかた、優遇します。

・illustratorやphotoshop経験のあるかた、優遇します。

・その他、面接の際に自己PRで審査し、優遇します。

 

 

お問い合わせ